2017/06/16

第49回 海洋工学パネル「東北津波から六年 -新たな沿岸防災の課題-」




 標記シンポジウムの案内がありましたので,会員の皆様にお知らせ致します。
 詳細につきましてはページ下端の開催案内ならびにプログラムをご覧下さい。


第49回 海洋工学パネル
「東北津波から六年 -新たな沿岸防災の課題-」


趣旨:
 2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震が発生し,大きな津波が東日本の沿岸に押し寄せてから6年以上の年月が過ぎました。この間,海洋工学を構成する工学諸分野では,被災機構の解明,被災地復興の促進,今後の災害への備えの各段階で,技術開発,合意形成,政策作成などについて多くの努力を重ねてきました。本パネルでは6年以上にわたる海洋工学技術者の営みを振り返り,更なる復興,防災への貢献に向けて,技術的な対話を行いたいと思います。


日 時:平成29年8月1日(火) 9:30-17:15


場 所:日本大学理工学部 駿河台キャンパス 1号館 2階121会議室

      (東京都千代田区神田駿河台1-8)


参加費:一般 6,000円,学生 無料


懇親会:3,000円(17:25~19:00)


テキスト:参加者 無料,一般 2,000円,学生 1,000円
      (パネル終了後、参加者、購入者に発送されます)


  開催案内(PDF形式)

  プログラム(PDF形式)




カテゴリ:一般記事