2016/12/26

平成29年度日本水産工学会学術講演会の開催について


 ※2017/02/10 (7)懇親会,(8)交通,(9)宿泊,(10)シンポジウムの情報を追記しました。

 ※2017/02/20 (8)交通,(10)シンポジウムの情報を追記しました。

 ※最新のアップデート箇所は,本文中で緑字で表示しております。


学術講演会実行委員会
水産大学校 川崎潤二



 平成29年度日本水産工学会学術講演会を下記の通り開催致しますので,ご参加下さいますようご案内申し上げます。


(1)期  日:
 平成29年5月27日(土)~5月29日(月)
    5月27日(土): 午後 一般講演,学生講演,理事評議員会,総会,懇親会(情報交換会)
    5月28日(日): 午前 一般講演
              午後 理事評議会,学会賞授賞式及び講演
    5月29日(月): シンポジウム          

(2)会  場:
 国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産大学校
  〒759-6595 下関市永田本町2-7-1(JR山陰線「吉見駅」より徒歩15分)



(3)講 演 者:
 講演者は日本水産工学会の会員とする。但し共著者の中に会員が含まれていれば会員以外でも講演(登壇)可とする。


(4)講演方法:
 講演は1件当たり15分(質疑応答時間を含む)とし,PCプロジェクターを利用した講演とする。



(5)申込方法:
  参加申込の締切:平成29年2月28日(火)必着
  講演論文集原稿の締切:平成29年3月31日(金)必着

参加申込:
 参加申込書に記入の上,下記E-mailアドレス宛にE-mail添付で送付して下さい。研究発表予定者は,(1)題目,(2)希望分野,(3)著者(所属)(講演者に下線を引く)の3項目も明記して下さい。参加者が学生(学部生,大学院生,高等専門学校生など)の場合,学生優秀賞へ応募することができますので,積極的な応募をお願いいたします。

講演論文集用原稿:
 原稿執筆要領に従い作成し,下記宛先にE-mailで送信して下さい。

E-mailアドレス:
 fe2017@fish-u.ac.jp(水産大学校 梶川和武)(※@を半角に修正して下さい)



(6)参 加 費:

 会員 5,000円(学生会員 1,000円),非会員 10,000円
 論文集のみ購入 会員 3,000円,非会員 5,000円

(7)懇 親 会:

  日 時:5月27日(土) 18:00~(予定)
  会 場:学内食堂
  会 費:会員3000円,学生会員1000円,非会員3000円
  懇親会参加費は当日に会場受付で学会参加費と併せてお支払い下さい。

(8)交  通:

  下関駅と学会会場(水産大学校キャンパス)間の送迎バスを準備致します。
   バス乗り場,時刻表
   ※バスの時刻表につきましては,今後,大会プログラムに合わせるなど,若干変更になる可能性もあります。5月始めには確定しますので,利用される前に更新内容をご確認下さい。

 その他の交通機関,最寄りの駅からの経路等につきましては,水産大学校ホームページをご参照下さい。



(9)宿  泊:

  下関市内の宿泊施設につきましては,下記のホームページ等をご参照の上,各自でお申し込みください。
   下関観光コンベンション協会http://www.stca-kanko.or.jp/

(10)シンポジウム:

  開催日時  平成29年5月29日(月) 10時00分~16時00分
  開催場所  水産大学校共同研究棟多目的会議室
  テーマ   漁業・養殖業における計数・計量技術の現状と課題
  ※詳細についてはシンポジウムのwebページをご覧下さい。


(11)問 合 先:
 学術講演会や春季シンポジウムに関する問合先は下記の通りです。

       〒759-6595 下関市永田本町2-7-1
       国立研究開発法人水産研究・教育機構
        水産大学校 川崎潤二
       TEL:083-227-3874 FAX:083-286-7432
       E-mail: fe2017@fish-u.ac.jp (※@を半角に修正して下さい)


 参加・講演申込書(Word形式)

 講演要旨執筆要領(Word形式)




カテゴリ:会告-日本水産工学会の行事