2016/09/23

平成28年度日本水産工学会秋季シンポジウム概要報告


※ドローン実演動画(Facebook)へのリンクを追加しました。(10/6)

 平成28年度日本水産工学会秋季シンポジウムは「ドローンを用いた水産工学研究の可能性を探るをテーマとして,9月17日(土)に東京海洋大学の楽水会館で開催されました。当日は水産庁,地方自治体,各研究機関,大学・高専,調査・測量会社,建設会社,報道関係など約150人の参加を賜りました。
 講演に先立ち,午前中にグラウンドにおいてドローンを用いた空撮の実演が行われました。まず,ドローンを使用する際の一般的な注意事項の説明があり,実際に上空100mから大学周辺を撮影する様子を観察しました。撮影した画像は三次元化して,総合討論において紹介されました。午後の講演では,農業や土木の現場でのドローンの使用事例について5件の報告がありました。次に,水産の現場においてドローンを使用した事例が4件報告されました。総合討論では,ドローンを導入する際の留意点,利用する際の許可や承認申請に関する注意事項,および今後の利用方法について議論されました。
 講演者および参加者の皆様には,活発な議論を賜り,深く感謝致します。また,ドローンを用いた空撮の実演につきましては,水域ネットワークの皆様のご協力を戴き,お礼申し上げます。なお,講演内容につきましては,会誌「水産工学」で紹介する予定です。

シンポジウム企画担当 桑原久実(水研機構・本部)・綿貫 啓(アルファ水工コンサルタンツ)


ドローンを使用する際の注意事項の説明


空撮の実演

Facebookで実演の動画をご覧いただけます。
https://www.facebook.com/SuisanKougaku/posts/1280408471983247



開会挨拶


シンポジウム会場の状況




カテゴリ:日本水産工学会の行事