2017/07/12

有明海再生に向けた技術提案ワークショップ




 標記ワークショップの案内がありましたので,会員の皆様にお知らせ致します。
 詳細につきましてはページ下端のリンクをたどって特定非営利活動法人有明海再生機構のwebサイトをご覧下さい。


有明海再生のためのあなたの技術を募集します
~「有明海再生に向けた技術提案ワークショップ」の開催~


1.開催趣旨,概要
 有明海では,海域環境の悪化やその影響と考えられる水産資源の減少が社会問題化してから長い年月が経過しました。地元では,漁場環境の改善や水産資源の回復に大きな期待が寄せられているものの,まだ必ずしも十分な成果は得られていません。その一方で,環境省の有明海・八代海等総合調査評価委員会とりまとめにあるように多くの科学的知見が得られてきたことや,有明海漁場環境改善連絡協議会における取り組みなど,再生に向けて着実に前進している面も出てきています。
 これからは,この取り組みをさらに前進させ,その動きを加速させることや,より大きな効果を出すことが求められ,このためには今まで以上に関係者の協調と活動の総合化が求められます。
 そこで,特定非営利活動法人有明海再生機構(以下,有明海再生機構という)ではその活動の一環として,有明海再生に繋がる新たな技術シーズの発掘に向けてあらゆる分野から広く技術シーズを募集して,技術提案ワークショップを開催します。
 提案され高い評価を受けた技術については,再生技術のニーズ,シーズにかかわる関係者( 以下,関係者という)間でこの技術情報の共有化を図ります。そして必要に応じ,技術の改良や組み合わせなどを行い,再生に向けた実践的,効果的な技術の創造,総合化へと発展させ,実証試験などにつながるよう支援していきます。


2.ワークショップ
●日時 平成29年9 月10 日(日) 13 時~17 時
●場所 佐賀大学理工学部6号館 大講義室・多目的セミナー室
●主催 特定非営利活動法人有明海再生機構
●協力 一般社団法人水底質浄化技術協会
●後援 農林水産省九州農政局,佐賀県,熊本県
    (要請中) 環境省,福岡県,長崎県他
●内容 
・基調報告,技術提案者の説明,提案技術のポスター発表の3 部構成とします。
・事前に応募者の発表内容に関する講演要旨集を作成し,当日配布します。
・再生技術の応募対象者として,企業・大学・その他試験研究機関・個人等,分野・所属を問いません。
・提案技術については,当日ワークショップ参加者からも意見をいただき,推進部会において技術の評価を行います。後日,高い評価の技術については、必要に応じ,推進部会,応募者,技術活用者で,実証試験等,次の展開を協議します。 
●応募費用 法人5千円,個人3千円
●入場料  無料  
●開催要領 案内方法,発表方法,ワークショップでの評価と今後の展開等を応募時に配布)


お問い合わせ先
特定非営利活動法人有明海再生機構
 佐賀市城内一丁目5番14号
 電話 0952(26)7050
 mail npo-ariake@ceres.ocn.ne.jp(※@を半角に替えて下さい)
 HP http://www.npo-ariake.jp/
 ※ワークショップ開催並びに技術提案の募集についてはこちら↓
 http://www.npo-ariake.jp/information/archives/28




カテゴリ:一般記事