日本水産工学会誌「水産工学」等刊行物の編集方針

会則・規則組織図入会申込原稿投稿要領


日本水産工学会誌「水産工学」等刊行物の編集方針


1.目的

本学会の目的を達成するため,以下の印刷物を刊行する。
日本水産工学会誌「水産工学」(Fisheries Engineering)は,水産工学に関する研究成果の発表並びに意見交換の場であるとともに,会員に対する水産工学に関する技術情報,事業情報,関連学協会の動向等を広報することを主たる目的として刊行される。
学術講演会講演論文集およびシンポジウム講演集は、水産工学に関する学理や技術の進歩向上に寄与する最新の研究成果、あるいは水産工学に関連する実験、計画、調査、設計、施工等、会員の参考になると見なされる成果、保存価値のある事柄を掲載することを目的に刊行される。
その他 本学会の目的の達成に必要として企画される刊行物



2.原稿及びその取り扱い方

会誌「水産工学」の原稿は投稿原稿と依頼原稿 とし,別に定める執筆規定に従って書かれたものとする。この投稿原稿は,会員が水産工学に関する研究成果を別に定める投稿規定に従って投稿した原稿であ り,別に定める審査規定に従って査読を受ける。また,依頼原稿は特集記事等について編集委員会が特定の著者に依頼した原稿であり,編集委員による閲読を受 ける。
学術講演会講演論文集およびシンポジウム講演集の原稿は別に定める論文執筆要領に従うものとする。



3.会誌「水産工学」の内容

日本水産工学会誌「水産工学」の記事を次のように分類する。
1)  口  絵:水産工学に関する写真,スケッチ等。
2)  論  説:水産工学の向上に資するための意見。
3)  研究論文:水産工学の発展に資する研究成果としての論文。
4)  短  報:独自の発想に基づく研究速報及び予見的考察や仮説。
5)  報  文:水産工学に係る調査,実験,施工,計画などの報告。
6)  討  議:掲載された研究論文,短報,報文に対する討議。
7)  資  料:会員の携った水産工学に関連する事業の経過に関して保存価値のある事柄。
8)  講  座:水産工学に関する基本的事項の解説。
9)  解  説:最新の水産工学に関する理論や技術の解説。
10) 文献抄録:水産工学に関する最新の論文の抄録。
11) 新刊書紹介:水産工学に関する新刊書の書評,紹介。
12) そ の 他:ニュースや投書など読者欄に相当するもの。



4.投稿の資格者

投稿資格者は会員に限るが,複数の著者による連名の投稿原稿については,著者のうち少なくとも1名は会員でなくてはならない。但し,依頼原稿についてはこの限りではない。



5.著作権

本会の刊行物においては,著作権(「翻訳権、 翻案権等二次的著作物の創作権」および「二次的著作物の利用に関する権利」を含む)は本会に帰属する。なお,原稿作成の過程で生ずる著作権法上の問題は著 者が解決しなければならない。他から会誌の一部について引用転載の許可を求められた時には,編集委員会がその内容について調査し,支障無いものと判断した 時には著者に対してその意向を照会し,可とする時には許諾を与える。



6.討議の取り扱い方

討議の内容を編集委員会で受理後,対象研究論文,短報,報文の著者に送付し,回答を依頼する。討議の内容を最寄りの号に掲載する。